ようこそ藤栄株式会社のホームページへ!!

TOUEIの1問1答 水垢・シミ・サビ・エフロ・油などの除去

  • HOME »
  • TOUEIの1問1答 水垢・シミ・サビ・エフロ・油などの除去

水垢・シミ・サビ・エフロ・油 除去の1問1答

薬品使用の判断

洗浄剤・保護剤などの薬品が使用できるかできないかを確認するポイントは?
薬品を使用する時にはその目的「水垢を落としたい」「撥水効果を与えたい」等の目的から薬品を選択しますが、その際に「どんな種類の石」、「どんな仕上げ面(鏡面、たたきなど)」に使用するかは薬品を選択する上で必要な情報になります。また「どんな所で(現場、または工場などの作業場)」使用するのかも重要です。薬品によっては使用後の廃液は回収しなければいけないものもあるからです。「サビを落としたいがどんな商品があるか」等のお問合せを頂きます際に、石の種類と仕上げをご確認いただいていないことがございます。最適な薬品のご提案には欠かせませんので、必ずあらかじめご確認ください。

 
P!石材に薬品を使用する際は、道具も揃えましょう。適した道具を揃えておくと作業もスムーズに進みますし、仕上がりも良くなります。

こんな道具があると便利です。
●刷毛・・・保護剤・洗浄剤を表面に均一に塗るには不可欠です。
●養生テープ・・・薬品を塗布しない部分の保護のため、マスカーなどシート付のものも便利です。
●ヘラ、コテ、パレット・・・湿布法など、粉体と液体を混ぜる際に、また混ぜたペーストを均一に塗るのに便利です。
●スポンジ・・・硬い面と柔らかい面があるものを複数用意しておきましょう。
●たわし、ぶらし・・・細かい部分に入り込んだ汚れを取り除くのに使用します。
●ドライヤー・・・石材の表面が濡れている際に乾燥させるのに便利です。

サビ・水垢の除去

墓石に発生した汚れの除去の仕方を教えて欲しい。サビと水垢が同時に発生しているみたいです。
基本は表面(上面)にある方から作業を始めます。どちらが先かわからない場合は、次の要領をお勧めいたします。
①水垢スカット(多少のサビも一緒に除去出来る)を使用して除去後良く水洗い 
②サビスカットを使用してサビを除去、除去後は良く水洗い 
③石材に水垢とサビによるシミが残っている場合はシミスカットを使用してシミ除去を行います。

 
P!石の汚れを除去する場合、あらかじめスクレーパーなどで表面の汚れを物理的に削り落としてから薬品で除去してください。そうすることで汚れ除去にかかる時間が短縮できます。

木アク・サビの除去

梱包の木アクと錆の両方がG623板石に付着、サビ取り剤一種類で落とせますか?
木アクと錆では現象に至るまでの過程や影響する成分も違うため一種類では取りきれませんし、汚れと反応して違う汚れとなる場合も考えられます。原因の違う汚れなどにはそれぞれに対応した洗浄剤の使用をお勧めします。ちなみに木アクにはイシクリーンスーパーSPなどの染み専用洗浄剤、鉄などのもらい錆にはサビ取りマジックなどが有効です。サンダー面の汚れの場合は、ストーンマジックが非常に有効です。

 
P!万能な薬といえば・・・ズバリお湯!です。石の素材を傷めませんし、汚れと反応して悪化する恐れもないうえに、木アクなどの汚れもお湯に浸したタオルなどで時間をかけて湿布するようにすれば案外効果がありますよ。

汚れの防止

十和田石を浴室に貼る際の汚れ防止剤を教えて欲しい。
クリアコート・ADコートなどの防水剤などで防汚はできますが、十和田石の魅力は濡れて緑色に変わる具合を楽しむ傾向が強く、保護剤を塗るとその変化が楽しめなくなりますので塗布前にご確認下さい。

ファイバークリーナー

スティック型水垢落とし「ファイバークリーナー」の大理石用はありますか?
大理石用はございません。大理石の表面は傷つきやすく、細かい傷がつくとその傷からなお一層水垢が付着しやすくなります。大理石の水垢落としには大理石用のハンドパットがお勧めです。手軽に現場で機械を使わずに磨く事が可能です。工程も4~5工程ほどで光沢も復元できます。また、中性の洗浄剤で湿布を繰り返しながら洗浄することで表面の汚れを除去することもできます。

レインボーイレイザー

レインボーイレイザーは黒御影石の艶を飛ばしたり傷つけたりはしませんか?
レインボーイレイザーは黒御影石の虹色現象を除去するために開発された商品です。砥石部分には、非常に細かいダイヤモンドパウダーが使用されており、レインボーイレイザー自身が黒御影の表面に傷を付けたり、艶を失うことはありません。但し、石材表面に付着したホコリにより傷を付着することがありますので、使用前には、充分に水洗いをしてホコリを落とすようにしてください。また、軽度な水垢も傷を付けずに落すことが可能です。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6725-5236 9:00〜17:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © 2010-2018 藤栄株式会社 All Rights Reserved
USAJapanEnglish