ようこそ藤栄株式会社のホームページへ!!

エラポックス2000

 

弾力性免震接着剤
エラポックス2000

エラポックス2000
エラポックス2000はエポキシ樹脂と変性シリコーン樹脂を主成分とする、2液混合型の弾力性接着剤です。
硬化物は高度の弾力性と接着性を兼ね備え、石材、人工大理石、タイル、セラミック、コンクリート、無機質版、金属などの各種材料に優れた接着性を有します。
内外装石材・タイルの接着、異種材料の接着、免震・減震施工時の接着にご利用頂けます。

特長

1.強力な接着力
エポキシ樹脂系接着剤と同じく優れた接着力を有し、石材、人工大理石、タイル、コンクリート、無機質板、金属など各種材料に使用することが出来ます。
従来耐震施工に使用していた変性シリコーン系の弾性接着剤と比較すると、1.5倍程度の接着力を持っています。
2.高弾力性
高弾力性を有し、振動、衝撃、材料の膨張、収縮に対して追従性を持ち優れた接着性を示します。
免震・減震施工時の躯体への接着に最適の接着剤です。
弾性接着剤
3.高耐候性
広い温度範囲(-50℃~100℃)で安定した物性、接着性を示します。また、耐水性、耐久性に優れており内外の施工に最適の能力を発揮します。
4.透湿性
従来のエポキシ樹脂系接着剤に比べ、透湿性に優れます。

性状

項目 主剤 硬化剤
主成分: エポキシ樹脂〈主剤〉、変性シリコーン樹脂〈硬化剤〉
外観: 白色パテ状 〈主剤〉、灰色パテ状〈硬化剤〉
梱包容量: 10KG〈主剤〉、10KG〈硬化剤〉
混合比: 主剤:硬化剤 = 1:1
可使時間: 60±10分 (20℃、1KG)
貼り付け可能時間: 60分以内(20℃)
養生時間: 24時間以上(20℃)

施工方法

<タイル圧着張り>
① 下地処理
ホコリ、汚れ、油脂等の付着物を取り除き、下地を清掃して下さい。下地面は平滑にし、出来るだけ乾燥させて下さい。
② 接着剤の混合
エラポックス2000の主剤と硬化剤を、1:1(質量比)の混合比で計量し、平板上などに取り出し、均一ねずみ色になるまで、充分に混合撹拌して下さい。混合が不十分な場合、石材汚染の原因となります。一度に混合する場合は、可使時間以内に使い切れる量として下さい。
③ 接着剤の塗布
圧着貼り①
一回の塗布は、3〜4㎡ 程度が目安です。平ゴテで厚さ3mm に塗り広げた後、すぐにクシ目ゴテでクシ目を立て、余計なエラポックスをかきおとして下さい。標準塗布量は1.5〜2kg/㎡ です。
圧着貼り②クシ目
④ エラポックスを塗布後、直ちに貼り始め、塗布後60分以内(20℃)を目処に貼り終えて下さい。接着面にタイルを揉み込みながら充分に圧着ささせ、基準線に沿ってはりあげて下さい。
圧着貼り③
⑤ 目地詰め
1日以上養生し、タイルが動かないことを確認した後、目地材を充填して下さい。下地に伸縮性材料を使用している場合や開口部の取り合い部の目地には、弾性シーリング材を充填して下さい。縦方向および横方向には状況に応じた伸縮目地を設けて下さい。
圧着貼り④

<石材だんご貼り工法の場合>
① 下地処理
ホコリ、汚れ、油脂等の付着物を取り除き、下地を清掃して下さい。下地面は平滑にし、出来るだけ乾燥させて下さい。
② 墨出し
団子貼り①
墨出しをして、最下段にズレ防止のための定木を打ちます。
③ 接着剤の混合
エラポックス2000の主剤と硬化剤を、1:1(質量比)の混合比で計量し、平板上などに取り出し、均一ねずみ色になるまで、充分に混合撹拌して下さい。混合が不十分な場合、石材汚染の原因となります。一度に混合する場合は、可使時間以内に使い切れる量として下さい。
④ 石材の張り付け
均一に混合したエラポックス2000を石材にだんご状に塗り、張り付けて下さい。
⑤ 石材の仮固定
面外への倒れ防止のため、均一に混合したクイックメンダー等で石材を仮固定して下さい。
団子貼り②
⑥ 目地詰め
1日以上養生し、石材が動かないことを確認した後、目地材を充填して下さい。下地に伸縮性材料を使用した要る場合や開口部の取り合い部の目地には、弾性シーリング材を充填して下さい。

<墓石だんご貼り工法の場合>
① 下地処理
ホコリ、汚れ、油脂等の付着物を取り除き、下地を清掃して下さい。下地面は平滑にし、出来るだけ乾燥させて下さい。
② 墨出し
寸法に合わせ墨出しをして下さい。
③ レベル調整
4隅に目地取りを兼ねた黒ゴムシート、鉛玉を使用し水平になるように調整して下さい。
団子貼り③
④ 接着剤の混合
エラポックス2000の主剤と硬化剤を、1:1(質量比)の混合比で計量し、平板上などに取り出し、均一ねずみ色になるまで、充分に混合撹拌して下さい。混合が不十分な場合、石材汚染の原因となります。一度に混合する場合は、可使時間以内に使い切れる量として下さい。
⑤ 接着剤の塗布
均一に混合したエラポックス2000を墓石にだんご状(直径5㎝、高さ1~2㎝)で塗布して下さい。
団子貼り④
⑥ 接着
塗布した接着剤が乾燥しないうちに、貼り合わせて下さい。
すぐに目地入れ作業をする場合は、クイックメンダー等で仮止めすることをお奨め致します。

警告

健康に有害な物質を含有しています。かぶれやすい物質です。
注意事項: 本品は皮フに付着したり蒸気を吸引すると、かぶれ、中毒やその他の健康障害を起こす恐れがあります。下記の注意事項を守って取扱い下さい。
①本来の用途以外には使用しない。②作業場所は充分に換気する。③眼に入ったり皮フに触れないよう注意し、必要に応じて保護具を着用する。④取り扱い後は、手洗いおよびうがいを充分に行う。⑤異常を感じた時は、必要に応じて医師の診察を受ける。⑥廃液は法令に従って処理する。⑦保管条件:2〜40℃。開封後はすみやかに使い切る。⑧温度が5℃以下になると極端に硬化が遅くなる。

フライヤーPDF

エラポックスチラシ庵治用

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6725-5236 9:00〜17:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © 2010-2018 藤栄株式会社 All Rights Reserved
USAJapanEnglish