ようこそ藤栄株式会社のホームページへ!!

アクアリペル

 

浸透性石材保護剤アクアリペル

aquarepel

浸透性石材保護剤「アクアリペル」の特徴は、裏面からのアクの吸上げ・エフロ(白華)防止効果にあります。従来の商品のように表面に膜を形成するのではなく、躯体の中に浸透層を形成することで石材施工時に発生するセメント等のアクの吸上げ・エフロ(白華)現象を防止します。従って裏面処理は必要ありません。表面からの汚れ防止・防水効果に加え、裏面からの吸上げ・エフロ(白華)防止効果を備えた保護剤です。また、「アクアリペル」は通気性を有していますので塗布体に水分を溜めることがありません。

アクアリペルの効果

1. 素材の風合いを変えることなく、撥水・撥油効果による表面の汚れを防止

【防汚実験】
①各種汚染物を石の表面に滴下
②6時間経過後、水洗浄と拭き取りを行いアクアリペルの効果を検証

検証1: ビアンコカラーラ

FIG. 1 [汚染物滴下直後]
ビアンコカラーラ fig. 1

FIG. 2 [洗浄直後]
ビアンコカラーラ fig. 2
【結果】
・アクアリペルを塗布した方は、無塗布のものと比べるときれいな状態を維持できています。
・無塗布の方では、特にシリコーンオイルが広範囲に濡れ広がりました(Fig. 2 (b)の破線部)。これに対し塗布した方は、濡れ広がりが抑えられています。
・なお大理石自体が酸に弱いため、浸透タイプの防水剤では酸を完全に防ぐことは出来ません。

検証2: 御影石 G-623

FIG. 3 [汚染物滴下直後]
御影石 fig.1

FIG. 4 [洗浄直後]
御影石 fig.2
【結果】
・アクアリペルを塗布した方は、汚れは残りませんでした。
・無塗布では一見きれいなようですが、油汚れ(オリーブオイル、ラー油)が浸透して濡れ色が残っています(Fig. 4 (b)の破線部)。

検証3: ライムストーン・モカクリーム

FIG. 5 [汚染物滴下直後]
モカクリーム fig.1

FIG. 6 [洗浄直後]
モカクリーム fig.2
【結果】
・塗布した方は、注意深く観ると極薄く汚れてはおりますが、ほぼきれいな状態を保っていました。
・無塗布の方はFig. 6 (b)の通りシミになっています。

2. 浸透膜の形成により、裏面よりの吸上げ・エフロ(白華)現象を防止
【吸上防止テスト】
①水に色を着色し石材を水に7日間浸す
②アクアリペル塗布と無塗布の2種類の検証を行う

aquarepel_soaked

【結果】
・塗布していない石はインク水を吸い上げ、エフロも発生していました。

3. 耐久・耐候性に優れ、長期にわたり石材を保護することで、建築物の付加価値を向上

性状

外観: 無色透明~薄白色透明
成分: 炭素水素系溶剤、シリコン化合物、フッ素化合物
溶剤: 第4類第1石油類 非溶剤性液体(引火点 15℃)
取扱い: 火気厳禁、湿気厳禁

使用方法

①塗布面に汚れ、ゴミ、油分、ワックス等が付着しているとアクアリペルの浸透が悪くなりますので、充分に洗浄除去し、乾燥させて下さい。良く乾かないうちに塗布しますと浸透不足による変色・ムラ・白化の原因となります。
②塗布しない部分やその他の基材にはマスキングをして下さい。
③刷毛やローラーを用いて表面および小口面に均等に塗布します。塗布量が少ないと浸透層を形成しませんので推奨塗布量を参考にして下さい。
④塗布後15分程度放置後、表面に残存しているアクアリペルを乾いた布ウエスで丁寧に塗りムラを残さないように丁寧に拭きあげて下さい。
⑤塗布後は作業環境にもよりますが、5~12時間は歩行しないで下さい。また、塗布後12時間は水がかからないように注意ください。

aquarepel_masking

推奨塗布量

ライムストーン: 200~250g/㎡
御影石: 150~200g/㎡
大理石: 200~250g/㎡

使用上の注意

①アクアリペルは引火性の商品です。作業時は換気を良くして火気には十分に注意して下さい。
②石材や施工条件によってシミ、ムラが発生する場合がありますので本施工前に必ずアクアリペルのテストを行い基材及び周辺基材への影響をご確認ください。
③アクアリペルは必ず原液のままご使用下さい。水や異物が混入すると使用できなくなりますのでご注意ください。
④塗布する基材が十分に乾燥していない場合や、塗布面に汚れ、ゴミ、油分、ワックスが付着している場合はアクアリペルの性能を発揮できませんので塗布面を洗浄した後、完全に乾燥をさせて下さい。
⑤塗布後24時間は水がかからないようにして下さい。
⑥取扱い中は皮膚に触れないようにし、マスク、保護メガネ、保護手袋、保護エプロンを着用下さい。
⑦口や目に入ったときは、速やかに十分な水洗いをして、医師にご相談下さい。
⑧皮膚や衣類に付着した場合は、速やかに水洗いをして下さい。
⑨取扱い作業中は、局所排気装置を設け喚起をよくして作業して下さい。
⑩子供の手の届かない冷暗所に密栓して保管して下さい。

aquarepel_stained

フライヤーPDF

アクアリペル建築建材展用チラシ aquarepel_aji2014

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6725-5236 9:00〜17:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © 2010-2018 藤栄株式会社 All Rights Reserved
USAJapanEnglish